人生の三大資金の一つ教育資金

よく

”教育資金いくら必要ですか?”

”いくら貯蓄した方がいいですか?”

と質問されます。

 

答えは「教育方針」次第です。

幼児期から色々な習い事をさせる、小学校受験して私学に行かせる、

大学には行かせないなど家庭によってそれぞれ「教育方針」は違います。

 

普通幼稚園から大学まで全て公立なら1,000万円、

私立なら2,000万円と言われます。

 

一番お金がかかるのはやはり大学です。

私立医歯系に進むとなると、初年度で1,000万近くかかったりします。

 

私立大学の授業料は右肩上がりで年々上昇しています。

家計に優しいのはやはり国公立です。

国立大初年度817,800円です。

 

学資保険18歳満期でだいたい200万を貯めているご家庭が多く見受けられ、

子どもが三人

なら一人ずつ200万円、三人で毎月約2.8万の積立貯蓄です。

 

頑張って貯蓄した200万ですが、たぶん大学1年目で消えていく金額です。

自宅からか通えず、家を借りた場合少なくとも10万円以上は仕送りしない

と生活できないことでしょう。

 

国立大でも学費以外でかなり必要になってきます。

貯めていたお金では賄えず、教育費が家計を圧迫してしまいます。

 

ではどうしたらいいのか?

 

早い時期に「教育方針」を決め、マネープランをたてましょう。

 

教育に関する情報を発信していきます。ご参考にされて教育資金の準備の仕方

にお役に立てればと思います。

マネーデザインとは

お金の知識を深めたい方へ

まずは知る事から始めましょう!
正しいお金との付き合い方のセミナーを随時開催中。子育てママ向け、働く女性・起業家向け、相続・年金の悩みを抱えるシニア世代向け、企業研修等多方面からのご要望にお応えしています。メリット・デメリットを知ることで、早く最適なプランが見えてくるはずです。質問もできますので、お気軽にご参加ください。